現在、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴いまして韓国でも感染者が増加し、営業時間短縮、各施設の利用制限、集会制限など様々な対策が施されています。
皆様が安心、安全に韓国へ留学にお越しいただけますよう日々アコピアスタッフ一同、積極的に対応への検討、対策を行わさせていただいております。
増加する感染の拡大により留学時期を決定されるに当たり不安な面が多いかと思われます。
こちらで韓国政府、アコピアでの対応に関して記載、ご案内をさせて頂いておりますのでご参考にしていただければと思います。
1日でも早く安全に留学にお越しいただけます様、しっかりと対策を行って皆さんで乗り越えていきましょう!
アコピアスタッフ一同、皆様にお会いできる日に備えて日々精進してまいります!


・入国後の隔離処置に関して

韓国では現在、韓国への入国者全員にPCR検査と政府管理施設での2週間の隔離を義務付けております。(施設に関しては例外あり。)入国後は空港にてPCR検査を受けて頂き、政府が運営しております隔離施設への送迎車にて施設への移動となります。
- 短期ビザ(91日以下):韓国政府が指定した施設での隔離
- 長期ビザ:自分で指定可能


・新型コロナウイルスに対するアコピアの取り組み

- 徹底した留学生の体調管理
- シェアハウスの換気、消毒液設置
- シェアハウスの消毒(スタッフが定期的に行っております)
- 留学生への呼びかけ(手洗い、消毒)
- スタッフ全員のマスク着用
- 隔離中の食料手配
- 各所、新型コロナウイルスに関する情報の収集
シェアハウスという事もあり、感染への不安を抱かれている方も多いのではと思われます。
1人1人が十分に感染源になりうる危険性がございますのでアコピアでは不必要な外出を控えて頂くよう呼びかけをさせて頂いており、留学生全員の体調を毎日把握するよう心がけております。


・留学中に新型コロナウイルスに感染した場合の政府の対応

留学中に新型コロナウイルスへの感染が確認された場合、各自、自宅又は施設にて隔離を行います。症状によっては病院にて検査を受けて入院、治療を行います。
新型コロナウイルスによる治療費に関しましては、日本は全額負担国に指定されておりますので韓国政府が全額負担をしてくれます。尚、2週間の隔離、入院生活後に再度PCR検査を行い陰性の確認がとれましたら完治とみなされ隔離対象から外されるシステムとなっております。
ウイルス感染拡大に伴う患者数の増加状況や症状により病院にて隔離を行うかまたは自宅で行うか判断されます。


・留学中に新型コロナウイルスに感染した場合のアコピアの対応

まず、疑いのある症状が確認されました場合にはアコピアから保健所のほうに連絡をさせて頂き、症状や体調状態に関してご家族の皆様に詳しくご説明させていただきます。
陽性反応が確認されました後には、
- 隔離施設の住所
- 隔離施設の連絡先
- 留学者様の容態
に関してスタッフが随時ご連絡をさせて頂きます。
※アコピアも感染の疑いがある際の臨時隔離部屋を所有しております。
隔離処置が解除されシェアハウスに戻られる際の同行もさせて頂きます。
尚、再発する恐れもございますのでその後も体調管理は徹底して行わさせていただきます。