練習生養成コース感想

 まず、韓国に来てから初めにしたことは「隔離」でした。

コロナ禍での留学ということもあり、韓国に到着してから2週間の隔離と隔離期間中2回のコロナ検査がありました。お世話になる語学堂を運営されている京福大学さんの寮で2週間の隔離期間を過ごしたのですが、思いのほか早く2週間が過ぎていったなと思います。

 はじめは、注文したごはんが届かないなど不便なところが目につきましたが、21時を過ぎても教授さんが「ごめんね」と言ってちゃんとごはんを買ってきてくださったので、忙しい中でもしっかり生徒の面倒を見ようとしてくださっているんだなと思いました。

 暇な時には、ひとりピザパーティーを開きながらNETFLIXで映画を見たり、大学のオンライン授業に出席したりと「隔離」されているとはいえ、有意義な時間を過ごすことが出来たので、今振り返るとコロナ検査による鼻の痛みや空腹にたえる辛い隔離期間というよりも、いかに楽しく過ごすか工夫し、取り組んだ充実した2週間だったなと思います。

 隔離後のソウルキャンパスでの授業も楽しく、先生方も韓国語に関する質問に丁寧に答えてくださるので、韓国語の学習も着実に進められているなと思います。

次にAcopiaさんが開講しているレッスンについてですが、ボーカルレッスンではレッスン時間を割って一人一人見てもらえるので、それぞれに合った指導を受けられますし、自主トレーニングの方法まで教えてもらえるので、歌が苦手な私でも一歩一歩前に進んでいけているなという感覚があります。

 ダンスレッスンについてですが、まず週2回ある通常レッスンでは、今のところオーディション用の曲をそれぞれが先生と相談しながら決め、レッスン時間を割り、一人一人指導を受けています。元は団体で踊る振付をオーディションで一人で踊っても質素に見えないように先生が改めてくださるのでありがたいです。

 先週から始まった養成コース専用ダンスレッスンでは、POPソングの振付を中心に習うようです。通常レッスンの先生とは違う先生なので、踊りに関する考え方を複数の視点で学べてうれしいです。

こちらのレッスンでは、アイソレーションから丁寧に教えていただけるのとK-POPアイドルの振付とは違う振り付けも学ぶことが出来るので新鮮でまた楽しいです。

 韓国語のレッスンも週一で受けているのですが、語学堂よりも進んだ内容を学べて、先生が若者言葉や流行っているゲームなどより身近な言葉や文化まで教えてくださるので、かっちりとした雰囲気というよりも楽しくおしゃべりしながら学んでいるという感覚です。

 そして、オーディションについてですが、いくつかのオーディションに参加したり、見学してみて新人開発チームの方が直接「もっとこうしたほうがいいよ」、「こういう路線でやってみるのいいかも」といった改善点や活動の提案をしてくださることがあり、驚いたのと同時に非常にありがたく思いました。

芸能界やK-POP市場のお話までしていただけることもあり、自身の人生計画を立て直す参考になることもあります。

オーディションに来てくだっさた新人開発チームの方やAcopiaさんの社長さんがアイドルだけではなく、ほかの可能性のある分野まで提案してくださるのは、生徒一人一人を見てくださっているからなんだろうなと思っています。

 

 Acopiaさんは生徒一人一人の意見をしっかりと聴いてくださりますし、常に生徒のことを考えてサービスを提供してくださります。住む国を変えるというのは大変なことで、社会的手続きすら一人でまともにやってきたことがない私が母国を離れてちゃんと生きていけるだろうかと不安に思っていましたが、生活面での相談にも乗ってくださるのでありがたいと思っています。

 Acopiaさんや先生方、オーディションに来てくださる芸能事務所の方やオーディションを開催してくださる芸能事務所の方、助言をくださる方々へ恩を返せるように、これからも学習と努力を重ねていきたいなと思います。

 そして何より、自分のために自分に合った芸能生活を送れるよう、頑張っていきたいと思います。

(2021年3月~8月 練習生養成コース Y.S)

練習生養成コース感想

 As an American college student who was stuck at home due to the ongoing COVID-19 pandemic, I had limited options for furthering my vocal and dance training, and I often wondered how I would be able to escape the mundane day-to-day and find a way to still pursue my dream. However, thanks to the trainee program, I was able to receive online lessons from great teachers and safely make it all the way to South Korea to take classes from my instructors in person. 

 

Coming to South Korea has been an eye-opening experience; moving to a foreign country is never an easy task. Keeping up with school, practicing every day, and working hard to meet my own expectations has been hard work, but getting to explore the wonders that a new environment has to offer has been keeping me sane. After moving to Seoul, the hustle and bustle of Hongdae’s streets makes the boredom I had been feeling back at home in the United States feel like merely a distant memory of the past. Whenever I am not working on my singing and dancing, I love breathing in the fresh air at nearby mountain trails, the blooming flowers that decorate the city landscape, and exploring all that Seoul has to offer with my friends. 

 

 Although I have only spent two months here, I have a new-found confidence in my aspirations and ambitions of working in the Korean entertainment industry as a career. The opportunities I have been offered during my time here have given me a deeper understanding of how K-pop entertainment companies function, how fast-paced the show business truly is, and how much patience and determination it takes to succeed in one’s pursuit of K-pop idol stardom. Of all the lessons that Acopia Entertainment has taught me, I believe the most important takeaway is that the key to “making it” is not only hard work, but also perseverance in the face of obstacles. The path to success is hardly a straightforward one! 

(2021年1月~5月 練習生養成コース E.C)

 

練習生養成コース感想

 In September of 2020, I was looking for something that had only recently begun in the Korean pop music industry: auditions via Zoom. I came across ACOPIA a couple years back, and found them again this past year offering the elusive form of audition I needed. For three months I took online classes with their instructors in dancing and singing via Zoom after having been accepted into their trainee program.

 

 Then in March of 2021, I was able to make my way to Korea in person to receive lessons and participate in auditions. Being able to work with the instructors in person has been an invaluable experience. While it can be hard to help someone correct their dancing or singing online, in person my instructors were able to help me clearly and concisely. The location of the ACOPIA training room is incredibly close to the living quarters which has helped take off some added stress of transit.

 

 

 The first month of being here in Korea was actually very hard for me as someone who had never lived away from family for more than a week at a time. I’ve learned a lot about myself and my reactions to new stressors during this time. One of the things that helped me out of my difficult adjustment period was the understanding of my instructors. I can tell that they really want to help me succeed with my aspirations. Exploring Hongdae with my fellow students has also helped immensely. There’s lots to see, lots to buy and lots of beautiful landscapes to explore if you look for them. But the most important thing that’s helped me has been gratitude. During times like a pandemic, traveling across the world to pursue being in a girl group seems even more like a pipe dream than it already does. But thanks to my family and the opportunity ACOPIA has given me, I’ve been able to really get a taste of my future for the first time.

 

(2020年12月~2021年5月 練習生養成コース K.C)