[韓国入国及びPCR検査の最新情報]

※2022年8月6日時点での情報です。

※関連情報は随時更新されますので、御確認をお願いします。

 

 ~アコピアからのお知らせ~

📌8月4日~8月31日限定で韓国旅行が無ビザ入国が可能になりました!📌

8/4~8/31の1ヶ月間のみ日本、台湾、マカオの3ヶ国・地域からの観光客について無ビザ入国が認められました。ですが1つ注意点として”航空便の出発72時間前までに電子旅行許可制度(K-ETA)の申請、許可を受ける”必要がありますのでご注意ください!

こちらのK-ETAの申請はK-ETA申請ホームページ又は専用アプリ(android/ios)から申請可能です。

 

 

現在もまだ増え続けております新型コロナウイルス対策に関してのご案内です。

皆様が安心、安全に韓国へ留学にお越しいただけますよう日々アコピアスタッフ一同、積極的に対応への検討、対策を行わさせていただいております。
新型コロナウイルスがまだ終息しておらず、ご不安も多いことかと思います。
こちらで韓国政府、アコピアでの対応に関して記載、ご案内をさせて頂いておりますのでご参考にしていただければと思います。
安全に留学にお越しいただけます様、しっかりと対策を行って皆さんで乗り越えていきましょう!
アコピアスタッフ一同、皆様にお会いできる日に備えて日々精進してまいります!

現在は、コロナウイルス流行に伴い『出発前』・『韓国入国後』・『日本帰国前』にはPCR検査を受ける必要がございます!
1回の留学で3回必要になりますのでこちらで詳しくご案内致します!

※2022年8月6日時点での情報です。

上記でもお知らせしたように8/4~8/31まで無ビザ入国が許可されました。入国するにあたり必要になる”K-ETA”についてご紹介します。

■K-ETAとは

韓国入国時にビザが免除されている国籍の渡航者に対し発行される電子渡航認証のことです。こちらは遅くとも飛行機搭乗の72時間前までに申請、認証を得なければいけません。渡航認証を得られない場合搭乗券を発行できないので必ず申請するようにしましょう!また認証を一度受けた場合、パスポートや個人情報に変更がない場合2年間有効です。有効期間内は何度も渡韓することが可能です!渡韓するたびにK-ETAを申請する必要はございません。また滞在日数についてですが、国籍により日数が変わりますが日本国籍の場合は原則として90日間となります。なのでこの点も注意が必要です。※詳しくはK-ETA申請ホームページからご確認ください。

 

■K-ETA申請対象者

申請対象者は次の3つになります。

①現在有効な大韓民国ビザを保有していない者

②観光、親戚訪問、行事や会議参加、商用(営利目的以外)を目的として入国しようとする者

③商業目的又は観光を目的として短期滞在を計画している者

 

■K-ETA申請免除対象者(免除申請必要です)

申請免除対象者は次の通りです。

①外交・官用パスポート所持者

②企業人優先入国対象者

 

■K-ETA申請対象でない者

免除ではなく申請対象ではない方は以下の通りです。

①大韓民国国籍所持者(複数国籍含む)

②乗務員・船員

③済州島のみ訪問する者(こちらも今後K-ETA申請対象になる予定です)その他韓国での乗り継ぎ(入国しない場合)や外国人登録されている者・韓国ビザ所有者、UNパスポート所持者も対象ではありません。

 

■申請に必要なもの

①有効なパスポート

②有効なあE‐メールアドレス

③顔写真のイメージファイル(容量100㎅、縦横700ピクセル以下のもの。専用アプリは撮影してアップデート可)

④手数料(₩10,000)決済用のクレジットカードまたはデビットカード

 

 

■申請

K-ETAの申請はK-ETA申請ホームページ又は専用アプリ(android/ios)から申請可能です。

■日本から韓国への出国前

日本から韓国へ入国する前は、日本の病院にて出発48時間前以内のPCR検査又は出発24時間前以内のRAT検査を受けて陰性証明書を発行する必要があります!

出発48時間以内に、PDFでQ Codeに陰性証明書を登録してください。ですが場合によっては検疫官が証明書類を要求する場合がございますので陰性証明書、予防接種証明書などを持参してください。

■韓国の空港に到着したら、

到着後1日以内にPCR検査を受けてください。※到着当日、時間的にPCR検査を受けられない方は翌日の23:59までに受けてください。

短期滞在外国人は仁川国際空港の「新型コロナ検査センター(Incheon Airport COVID-19 Testing Center)」または宿泊先周辺の医療機関にて自費で受けることができます。空港で受ける場合の詳細は下記にありますのでそちらをご確認ください。

長期滞在外国人の場合は宿泊先または自宅を管轄する保健所(無料)などで受けることができます。

検査結果は翌日携帯電話へ届きます。

 

携帯電話番号は、010-7380ー4649を記載してください。

※病院:ソウル市麻浦区西橋洞353-1 西橋Tower 5F  

・検査費用:11万₩(1万2,000円)

・同行費用:5万₩(6,000円)

 

■韓国から日本へ帰国する際

出国72時間以内のPCR検査が必要です。

病院で検査を受けてください。

※病院:ソウル市麻浦区西橋洞353-1 西橋ToweR 5F 

■空港で検査を受ける場合

仁川国際空港第一ターミナル…

第一ターミナルには下記のように2か所検査を受けられる場所があります。

 


仁川国際空港第二ターミナル…

第二ターミナルも下記のように2か所で検査受けることが可能です。


検査にかかる費用

・韓国から出国する場合

PCR検査 平日/₩104,000、休日/₩110,000

抗原検査 平日/₩69,000、 休日/₩75,000

・韓国入国後の場合

PCRのみ ₩80,000

 

詳しい内容は仁川国際空港ホームページにてご確認ください。

仁川国際空港ホームページ


・入国後の隔離処置に関して

韓国では現在、コロナウイルスワクチン接種の有無にかかわらず隔離処置を行っておりません。
ただし、隔離免除の為に事前に行わないといけない事があります。
下記情報をご参照ください。

 

【韓国での隔離免除の為には】
・出発48時間前以内のPCR検査の陰性証明書を発行(英文または韓国語)

※出発日0時基準

・Q-CODE(検疫情報事前システム)に事前に登録する。
登録方法はこちらをクリック!

上記2点があれば現在は、隔離をせず韓国に滞在していただけます!


・新型コロナウイルスに対するアコピアの取り組み

- 留学生の体調管理
- シェアハウスの換気、消毒液設置
- シェアハウスの消毒(スタッフが定期的に行っております)
- 留学生への呼びかけ(手洗い、消毒)
- スタッフ全員のマスク着用
- 各所、新型コロナウイルスに関する情報の収集
シェアハウスという事もあり、感染への不安を抱かれている方も多いのではと思われます。
1人1人が十分に感染源になりうる危険性がございますのでアコピアでは不必要な外出を控えて頂くよう呼びかけをさせて頂いており、留学生全員の体調を毎日把握するよう心がけております。


・留学中に新型コロナウイルスに感染した場合の政府の対応

留学中に新型コロナウイルスへの感染が確認された場合、各自、自宅又は施設にて7日間隔離を行います。
症状によっては病院にて検査を受けて入院、治療を行います。
感染後、8日目0時に隔離対象から外されるシステムとなっております。
ウイルス感染拡大に伴う患者数の増加状況や症状により病院にて隔離を行うかまたは自宅で行うか判断されます。


・留学中に新型コロナウイルスに感染した場合のアコピアの対応

まず、疑いのある症状が確認されました場合にはアコピアから保健所のほうに連絡をさせて頂き、症状や体調状態に関してご家族の皆様に詳しくご説明させていただきます。
陽性反応が確認されました後には、
- 隔離施設の住所
- 隔離施設の連絡先
- 留学者様の容態
に関してスタッフが随時ご連絡をさせて頂きます。
※アコピアも感染の疑いがある際の臨時隔離部屋を所有しております。
隔離処置が解除されシェアハウスに戻られる際の同行もさせて頂きます。
尚、再発する恐れもございますのでその後も体調管理は徹底して行わさせていただきます。