2019年6月に行われた

第7回(in Fukuoka) アコピアK-POPグローバルオーディション(GA)を通して

新たなK-POP練習生が誕生しました!!!

 

アコピアスクールの在学生の「イブキ」ちゃんが、2019年8月から、TS Entertainmentの練習生になりました!

イブキちゃん!いつでも遊びに来てね!アコピアの皆がイブキを心から応援しています!おめでとう!


▲ゆうなさん

 

2019年6月に行われた「第7回 アコピアK-POPグローバルオーディション in Fukuoka」に参加し、

AL Entertainment の練習生となりました!!



▲ゆうかさん

2019年2月に行われた「第6回 アコピアK-POPグローバルオーディション in Tokyo」に参加し、 

Acopia Entertainment の練習生となりました!!

ゆうかちゃん、頑張ってね!!

ゆうかは、日韓コミュニケーションとアジア共生というアコピアの活動目的を

世の中に伝えるマスコットとしての活動を開始しました。韓国人1名、東南アジア1名、

カザフスタン1名の4人グループを構成する予定です。

Yuuka Hasumi put high school in Japan on hold and flew to South Korea in February to try her chances at becoming a K-pop star, even if that means long hours of vocal and dance training, no privacy, no boyfriend, and even no phone.

Hasumi, 17, joined Acopia School in Seoul, a prep school offering young Japanese a shot at K-pop stardom, teaching them the dance moves, the songs and also the language.

She is one of an estimated one million other K-pop star wannabes, from South Korea and abroad, hoping to get a shot at super competitive auditions by major talent agencies that will take on just a select few as "trainees".

"It is tough," Hasumi said in Japanese, drenched in sweat from a dance lesson she attended with 15-year-old friend Yuho Wakamatsu, also from Japan.

The school also fixes auditions for its candidates with talent management companies that have been the driving force behind the "Korean-wave" pop culture that exploded onto the world stage in the past decade with acts such as global chart topping boy band BTS.

The influx of Japanese talent that is reshaping the K-pop industry comes at a time of increasingly bitter political acrimony between the two countries that has damaged diplomatic ties.


▲さくらこさん

2019年2月に行われた「第6回 アコピアK-POPグローバルオーディション in Tokyo」に参加し、 

Shine E&M Entertainmentの練習生となりました!!

さくらこちゃん、ファイティン~!!


▲あいこちゃん

 

2019年2月に行われた「第6回 アコピアK-POPグローバルオーディション in Tokyo」に参加し、

Shine E&M Entertainment の練習生となりました!!

あいこちゃん、がんばれ~!!


 2018年9月・11月に行われた

第4回(in Nagoya)/第5回(in Osaka) アコピアK-POPグローバルオーディション(GA)を通して

2019年、新たなK-POP練習生が誕生しました!!!

 

▲みつきちゃん

 

2018年11月に行われた「第5回 アコピアK-POPグローバルオーディション in Osaka」に参加し、

AL Entertainment の練習生となりました!!なんと練習生になってすぐの2019年の3月デビューしました。

みつきちゃん、頑張ってね!いつの間にかデビューしていました!My Darling! 



▲かなちゃん

 

2018年9月に行われた「第4回 アコピアK-POPグローバルオーディション in Nagoya」に参加し、

Shine E&M Entertainment の練習生となりました!!

かなちゃん、ファイティン~!!


▲あやなちゃん

 

2018年9月に行われた「第5回 アコピアK-POPグローバルオーディション in OSAKA」に参加し、

WDK Entertainment の練習生となりました!!

あやなちゃん、がんばれ~!!


アコピアは、K-POPアイドルの夢を持った才能ある日本人中高生が羽ばたくためのプラットホームです!! 

他の事務所と違い拘束が無く、自由にトレーニングや勉強ができ、アマチュア舞台公演のチャンスもあります。

他の大手事務所のオーディションも自由に受けることができます!! 

 

「アジア希望キャンプ機構」の姉妹会社である「株式会社 KOREA PLAZA HIROBA」は大衆文化芸術企画業を開始して、韓国初の日本人4人グループを2019年4月スタートします。「アコピアスター」は、アジア希望キャンプ機構が考える平和な世界と多文化社会の理想を日韓とアジアへ伝えるために活動します。「株式会社 KOREA PLAZA HIROBA」と正式の練習生・専属芸能人契約を締結して、全面的な支援を受けることになります。練習生期間中にもアコピアカフェで毎月公演して日韓とアジアで公演します。他の芸能会社との合作公演も行う予定です。  

 

K-POPスターを目指す皆さん、アコピアで夢を叶えませんか?

★合同オーディションに参加できる「K-POPトレーニングキャンプ」の申し込みはこちら

 

 

★1ヶ月からの韓国留学「アコピアスクール」

★大手事務所のオーディションを受けられる「オーディションサポート