アコピアKPOPコース 3カ月修了

 

 私は1月6日から4月4日まで留学をする予定でしたが、コロナウイルスの危険度が上がったため、奨学金機関から緊急帰国を知らされ、3月19日に帰国することになりました。しかし、私がこの約2ヶ月半で学べたことは本当に沢山あると実感しています。

 

 まずは韓国語についてです。私の両親は国際結婚のため、親戚が韓国語で話していることがあり、韓国語は少し理解できていましたが、文法がまだよく分かっていませんでした。留学に来て、毎日優しく楽しく教えてくださる先生たちに恵まれていたため、今では韓国人の友達もでき、韓国語で交流することができるようになりました。

 

 次にダンスとボーカルについてです。私はダンス未経験で、今まで全て独学でカバーダンスをしたりしていました。留学に来て、デフダンススクールに通うことになり、初めて本格的なダンスレッスンを受けました。最初はストレッチから追いつかなかったり、韓国人がたくさんいる環境でとても緊張していましたが、周りの韓国人の先生や学生からたくさん丁寧に教えてもらい、緊張はすぐに解けて一緒に楽しくダンスできるようになりました。

 

 ガールズKPOPとガールズHIPHOPの授業を受けていましたが、そこで苦手なアップダウンやしなやかな動きも以前より上手くできるようになったと周りの方に褒めていただけるようになりとてもうれしかったです。ボーカルは週に一回しか授業がありませんでしたが、毎時間とても有意義に過ごせたと思います。自分に合った曲を選んで頂いたり、表現や声の出し方について指導を頂いたり、レッスンを受ける生徒みんなで一曲を合唱するなど、自分の日常ではあまりできない体験をする事ができてとても良かったです。住んでいるシェアハウスから練習室がとても近かったため、思いっきり練習できる環境が身近にありとても幸せでした。

 

 最後に韓国での生活についてです。私はKPOPアイドルが好きで憧れているため、オーディションを受けました。コロナウイルスの影響でオーディションがキャンセルされていく中私はアコピアの合同オーディションとデフダンススクールにて開催されたJYPのオーディションの2つを受けましたが、どちらも貴重な体験になりました。

 

 特に合同オーディションは渡韓してから2週間ほどであったため、まだ完成度は低かったですが精一杯がんばれました。2月中旬には日韓交流会があり、そこでは日韓の関係について色々な国から来た人々と交流ができ、関係について客観的に捉えられるようになりました。その後は海外のインターンさんとの共演で一緒にダンスをしたり、一人で歌やダンスを披露しました。練習過程で海外のインターンさんとも仲良くなり、一緒に外食をしたりホンデの街を散策したり、楽しい思い出をたくさんつくりました。

 

 アコピアでは韓国語以外にも、海外のインターンさんとの交流で英語もスキルアップしました。そして、趣味であるカフェ巡りやショッピングをすることもできました。韓国人の店員さんと話すことが多かったため、日常会話もできるようになってきました。1月下旬から流行り始めたコロナウイルスがあり、行動が制限されたり、健康により一層気を使わなければならない時、社長やインターンさんがサポートしてくださり、生活面でもたくさん助けて頂きました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 緊急帰国になってしまい、とても残念な気持ちと悔しい気持ちでいっぱいですが、それまでにたくさんの思い出ができて本当に留学に来て良かったと思いました。私の人生の中でも特に貴重な2ヶ月半になりました。アコピアスクールのみなさん、本当にありがとうございました。お世話になりました。

【アコピアKPOPコース 2020年1月6日~3か月 A.N】