2022年6月より、一般観光(C-3-9)ビザの発給が再開されました!
これにより、ビザを取得すれば韓国旅行に来ることができるようになりました!
2年2か月ぶりとなる韓国旅行ですが、どんな手続きが必要なのでしょうか?

※こちらは2022年6月25日現時点での内容となります。


韓国に入国するには?

今までは、韓国への渡航は無査証滞在(ビザなしでの滞在)にて可能でしたが、
現在は、観光ビザ(C-3-9)を取得して、韓国にご入国いただく必要があります!

※ワクチン接種の有無にかかわらず、ご入国は可能です。


ビザを取得する為には?

ビザを取得する為には、書類をそろえて、管轄の韓国領事館を訪問し、申請する必要があります!

現時点で、申請書類や訪問方法などは領事館により大きく異なりますので
予め、必ず管轄の韓国領事館にご確認をお願いいたします。

尚、観光ビザは発行されてからの入国有効期限が3か月間、最大90日間の滞在が可能となります。
※入国有効期限:ビザが発行されてから3か月以内に入国

領事館名 管轄地域
駐大阪総領事館 大阪府, 京都府, 滋賀県, 奈良県, 和歌山県
駐福岡総領事館 福岡県, 佐賀県, 長崎県, 大分県, 態本県, 宮崎県, 鹿児島県, 沖縄県
駐名古屋総領事館 愛知県, 三重県, 福井県, 岐阜県
駐広島総領事館 島根県, 広島県, 山口県, 愛媛県, 高知県
駐横浜総領事館 神奈川県, 静岡県, 山梨県
駐新潟総領事館 長野県, 新潟県, 富山県, 石川県
駐札幌総領事館 北海道
駐仙台総領事館 青森県, 秋田県, 岩手県, 山形県. 福島県, 宮城県
駐神戸総領事館 兵庫県, 鳥取県, 岡山県, 香川県, 徳島県
駐日韓国大使館 東京都, 千葉県, 埼玉県, 栃木県, 群馬県, 茨城県

◆ビザの申請書類は、各領事館のページで確認して下さい!

観光ビザ(C-3-9) 必要書類
査証発給申請書
パスポート(有効期間6か月以上)
パスポートのコピー
写真(3.5×4.5)
航空券コピー(往復)
※申請日から1か月後のもの

※領事館によって必要な書類

・ホテルまたは在留予定場所の予約確定書(住所、電話番号)

・銀行の残高証明書(日本語または英語)
・住民票
・戸籍謄本原本

・学生所または在学証明書(学生の場合)

各韓国領事館の申請状況

現在は、ニュースにもなっているように、観光ビザの申請者が多いため、領事館に行っても申請できないところもあります!

事前に管轄領事館の状況をご確認の上、ご申請ください!

領事館名 申請状況 発行までの期間
駐大阪総領事館 オンラインにて領事館の訪問予約が必要 3~4週間
駐福岡総領事館 随時、領事館を訪問し、申請が可能 1~2週間
駐名古屋総領事館

ビザ申請日に合わせて出発日が決まっているので出発日に合わせて訪問

1週間

駐広島総領事館 随時、領事館を訪問し、申請が可能 1~2週間
駐横浜総領事館 オンラインにて領事館の訪問予約が必要 3~4週間
駐新潟総領事館 随時、領事館を訪問し、申請が可能 2~3週間
駐札幌総領事館 随時、領事館を訪問し、申請が可能 3~4週間
駐仙台総領事館 随時、領事館を訪問し、申請が可能 1~2週間
駐神戸総領事館 随時、領事館を訪問し、申請が可能 3~4週間
駐日韓国大使館 出発日に合わせて訪問期間が決まっているので出発日に合わせて予約し訪問 1~2週間

韓国入国前にすること

・出発48時間以内のPCR検査での陰性証明書取得
(出発日0時基準)
※または出発24時間以内のRAT検査での陰性証明書取得
(出発日0時基準)
・Q-CODEの情報入力&登録
Q-CODE登録方法はこちら!